任意整理の手続き

By | 2018.01.24

弁護士任意整理はまずは弁護士や司法書士などの専門家に無料相談からがスタートです。
賃金業者との取引金額や取引期間、現在の残高まで借金に関する情報を整理します。
その後も債務状況や収入状況をまとめた後、任意整理で良いのか、他の債務整理方法にするかを弁護士の方と決めます。

任意整理にする場合は弁護士の方が借入先の賃金業者などに受任通知書を送ってくださり、取り立てや支払がとまります
同時に弁護士に依頼をするという委任契約を結びます。これで任意整理が本格的にはじまります。

その後、賃金業者から引取履歴の開示の後、引き直し計算をして借金総額の確認を行います。過払い金請求が発生している場合は返済請求をします。
そして任意整理における返済条件を定めた和解案を作ったら賃金業者である債権者に送付をします。和解案作成後は債権者に交渉を行い締結になります。これで任意整理が完了です。

任意整理の手続きについてザックリ紹介しました。如何でしょうか。締結した後は和解契約に基づいて依頼者は弁護士に費用の支払いを行った後に減額された借金を返済していくことになります。弁護士への費用支払いは各法律事務所によって方法が違うため確認をしてみましょう。